FC2ブログ
ワンちゃん・ネコちゃんのオーナー様へ、 ダイワペット宇治店スタッフが おすすめする一押し商品をご紹介します。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
ファーストメイト
2017年01月22日 (日) | 編集 |
毎日がとっても寒いですね
先日は雪が降って少しテンションが上がりましたが寒さには勝てませんでした

ボンビから発売されたグレインフリーペットフードFirstMete

ドッグフードは
ファーストメイト 犬  

キャットフードは
ファーストメイト 猫

ファーストメイトは1995年に世界で初めてグレインフリー(穀物不使用)のペットフードを誕生させました、
安全でナチュラルな原材料だけを使用して副産物や合成添加物などは一切使用していません。

ファーストメイトのグレインフリーの動物性たんぱく源は1種類のみです。
・太平洋産の魚
・カナダ産の鶏肉
・オーストラリア産のラム肉

炭水化物源は唯一ジャガイモのみ

それぞれたった1種類の原料からしか主要な栄養素を抽出していません。
とてもシンプルですが、栄養学的にも完璧な独自の製造方法なのでおかげでペットの体内での消化吸収性も大変、優れ
食物アレルギーや胃腸での消化不良のリスクも軽減するように配慮されています。

ファーストメイトはチキン・ラム肉・フィッシュこれら3種類をローテーションすることによって健康な状態を常にサポート
 

                    

フードローテーションする事でバラエティに富んだお食事は各食材への習慣性を予防します。
食物アレルギーは各食材に対する先天的な過敏性(生まれつきの敏感さ)もありますが、長期間に渡りアレルゲンにさらされる事も原因の1つに上げられます。
同一の食材を常に食べさせていく事は、栄養価の面だけではなくアレルギー・肥満・抵抗力の低下等を招く可能性があります。
フードのローテーションは基本的には良質でその子に合うフードを代わる代わる与えていくだけなので難しくはありません。
栄養素の偏りを生じさせないことが目的ですので同一タイプでも主たんぱく源(主に肉・魚類)や主炭水化物源が異なるものを選んでください。

ちょーっと長いですが、分からない事があればSTAFFに聞いてくださいね
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック